スポーツコミュニケーションブログ

限界について

なぜ、限界という言葉を使ってしまうのだろう

僕は、言い訳と思えます。もうこれ以上はできません。君の限界はここだよ!ということで、自らの成長や選手をこれ以上成長できない自分への言い訳にできるのです。

この言葉を発しているのが、著名な人や実績を残している人だとしたら鵜呑みにしてしまうのが僕なんですが、本当にそうなのでしょうか?

人の能力は無限大という言い方もあります。全ての事において、能力が無限大にあるというのはいささか無責任かと思いますので、こういう言い方をします。

興味関心や好きな事での能力は無限大です。

この言い方で如何でしょう?

大谷翔平の成長を彼が18才のときに「できっこない=限界」を述べた方が沢山いらっしゃいました。彼はとにかく野球が好きで、プレーしている時が楽しくてしょうがないのです。見事に限界を突破しました。

同じ事があなたにも言えるのではないでしょうか?

今回のプチセミナーは「限界について」をお話ししています。

限界を知る

また、ステップメールによるコーチングを提供していますので、興味のある方はこちらもご覧ください

スポーツ選手のためのステップメールコーチング | ホットコム (hotto-com.jp)