コンテンツ

2019年10月29日

人生を3段階に分けて、コンテンツを提供していきます。

3つのコンテンツは、人の成長段階を3段階に区別してします。

3つの世代に大きく影響を与える、親、スポーツ指導者、経営者・管理職の方に区分しています。


子育て中の親のためのコーチング実践コンテンツ

詳細ページへ

人が成長段階で最初に出逢うのが「親」です。また、人が初めて育成を実感するのは「子供」を育てる「親」という役目を担うときです。

「親」という役目は、突然に訪れます。「出産」という人生の一大事があり、その後一人の人間の役目に「親」という役目を担います。

そのとき、「親」は戸惑い、迷い、試行錯誤を繰り返し、その中で「親」であろうとします。

「親の役目」は誰からも教わることなく、実践から身につけます。生き抜く大人に育つためのスキルの一部を提供します。提供するスキルは、「コーチング」スキル、エッセンスです。5回にわたるセミナーで、親子会話にすぐに使えるツールとエッセンスを提供します。

第一回 「子育てと自分」

子育てをしてきた自分自信を認め、これからの子育ての将来像をイメージします。

第二回 「きく」

「子供がいうことをきかない」には原因があります。普段の接し方から「子供が主体的になる」きっかけ作りをお伝えします。

第三回 「はなしてみる」

子供に自分の伝えたいことをきちんと伝えるための「話し方」のスキルとお伝えします。

第四回 「質問する」

アクティブラーニングで必要となる「考える力」を家庭内で醸成するための「効果的な質問」の仕方をお伝えします。

第五回 「認める」 

自己尊厳、自己達成感を強め、子供が自分自身を信じられる状態になる「認める」というスキルをお伝えします。

スポーツに関わるコミュニケーション実践コンテンツ

詳細ページへ

国際コーチ連盟マスター認定コーチと、
7人制ラクビー日本代表ヘッドコーチとで
共同開発した科学的なスポーツコミュニケーションのノウハウと、
スポーツの指導者をコーチすることに特化した
コーチングスキルツールをすべて提供します。

あらゆるスポーツ界で
物事の真理を知り、自ら考え、判断できる。
そんなインテリジェンスを備えた
アスリートを育てることが求められています。

先見性を持つ指導者たちは気づいています。
今までの指導方法やチームビルディングでは、
時代に合っていない。今までのやり方では限界がある。

新たなスポーツ指導や
スポーツコミュニケーションが今後は必要だと。

しかし、現場から聞こえてくる声は、
「変えなくてはいけないのは分かっている。
しかし、どうやればいいのか、それがわからない」
と言った困惑です。

そうなんです。

スポーツの現場で活かすことができる、コミュニケーションの専門家のなのです。

・自ら考えて判断する選手にするにはどうすればいいのか?
・チームの信頼感や一体感を築くにはどんな声をかければいいのか?
・選手に信頼される指導者になるためには、どんなプレゼンスが必要か?
・試合前の緊張感をエネルギーに変えるには、なんと声をかければいいのか?
・効果的な練習の為にはどんなマネージメントが必要か?
・選手にとって効果的な目標設定はどうすればいいか?
・スポーツを通じて本当に優秀な人材を育てるとはどういうことか?
・協力や協賛や支援を最大化させる交渉術とは?
・子どもの力を伸ばす親の関わり方とは?
・選手の個性と強みを発揮させるためには、どんな指導をすればいいのか?
・選手を活かす言葉と、選手をダメにする言葉とは?

ビジネスの世界でコーチングの有効性が
実証されてきました。

今、スポーツの世界で
コーチングコミュニケーションの有効性を活かす時です。

スポーツを通じた地域の活性化と、
心技体&インテリジェンスを備えた子どもたちの育成、
そして様々なスポーツチームの支援をしたいと考えています。

スポーツには世界と未来を変える力があります。

ページの最初に戻る

 

リーダーシップ・マネジメント実践コンテンツ

詳細ページへ

  • 一日研修:24万円/日(フルバージョンの抜粋、短縮バージョンもあります)
  • 二日研修:48万円/日(フルバージョン研修です)
  •  

詳細はご相談ください。

また、単発セミナーも随時開催します。詳しくはメルマガ、FB、コクチーズにてお知らせしていきます。

ページの最初に戻る