楽しい時を作る方法

楽しく感じる瞬間は?

  • 仲間と共有できたとき
  • 違いを認め合って、同じことを共有したとき
  • 自分の叶えたいことを叶える行動をしているとき
  • 自分が欲しいものを手に入れる行動をしているとき
  • 自分がなりたいものに近づいたとき

こんな時楽しさを感じます。この瞬間を創り出せばいいのです。単純ですよね。楽しい時を作る方法はこれです。

美人
私の奥さんではありません。悪しからず!

楽しい時を作るための認識をつくる

  • 目的をいいあう、認め合うこと
  • 基本的に人は違っているから、同じであることに価値を感じている。と理解する。
  • 叶えることに最重要価値をおくのではなく、叶える途中が自分を成長させていると言うことに価値をおく

この3つでいいのです。たった三つ。

このことに意識を置いておく。それだけで、充分に毎日が楽しくなります。

楽しい時を崩す方法

  • 同じであるコトを強要する
  • 目的を曖昧にしておく
  • 結果だけを重要視する。

飽きる

この三つあれば、楽しい時は一瞬にして崩れさります。同じで在るはずの無い他人に同じことを強要する。これって、見方を変えればその人を否定することにつながるんです。チーム活動の場合、目的を曖昧にしておくとこれもチームがバラバラになります。さらに結果だけを重要視すると、結果を出すための期間が無味乾燥なものになります。

結果をみるのは瞬間で、結果をだすために行動している時間の方が長い。時間が長いのに、それに価値を見いだせないのはつまらないです。

楽しい時をつくり出すためのパートナー

伴侶、友人、同僚。いろんな人がパートナーになり得ます。そのパートナーを見つけるのも人生の醍醐味の一つですね。楽しい時=充実した時間を過ごすために存在する人達がいます。

それが「コーチ」なのです。

ICFで「コーチング」をこう規定しています。

「コーチングとは、思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くことです。」

参照「ICFJ」ホームページより

関係を築く人=コーチということです。※クライアントも一緒につくるんです(*^。^*)

クライアント自身の可能性。つまりは自分の可能性が最大化すると想像してみてください。

あれもできるかも。これもできるかも?そう思っているとワクワクしてきます。コーチの多くはワクワクしている時間を作っています。コーチ自身が楽しい時を作り出すプロフェッショナルなんです。

コーチングとカウンセリング

楽しい時を作る。=つまらない時間を楽しく変える。という風に見られるかもしれません。使うスキルが似通っているために、混同している人もいたり商業ベースで同等に扱っているところもあります。ですが明らかに異なることが一つあります。

カウンセリングは”-”から”+”が前提です。

コーチングは”+”を”++”という前提です。コーチングは優しいけれど厳しさがあります。通常よりも楽しい時をつくるためには、現状の変化を促すからです。

明らかに別物なのです。コーチングは必要以上に寄り添うことはしません。独立した人が対象だからです。その人は自分の足で、自分の意志で進んでいけることを信じているからです。

コーチングは、よりよく、より高みに向かいたい人向けのツールです。

コーチは、より良く、より高く成りたい人のパートナーなのです。