ダサくて、不器用でも幸せになれるんだよ。

人生、うまくいって、苦労が多くて、、

失敗ばかりで、、、、、そう思っていました。

自分は仕事をしても、書き損じばかりで、、何枚も紙を無駄にして、、

でも、でも、うまくやりたくて、、、

ダサい!
※(埼玉県人のみなさま、ごめんなさい)

不格好!

体型も良くなくって、手足短いし小太りだし、、、

雑誌を飾るのは、スタイルが良くて、顔も良くて、、

数え上げればきりがなく、自分の不器用さ、不格好が浮き彫りになります。

 

よく考えてもらって、、、

その不器用、その不格好。

 

誰がそう決めたのでしょか?

 

まあ、だれでもいいですね。自分がそう思っているからね。

 

 

不器用だったり、不格好だったり、でも幸せになりたい。そう思っています。

仕事も人一倍失敗しているけど、仕事でも成功したい。そう思っています。

 

こう思うことにしていました。

 

不器用なんだから、人一倍動けばいいや。

不格好なんだから、不格好キャラになればいいや。

 

仕事を何度失敗しても、やり続けたら、沢山の失敗の経験を積むことができるんです。

 

沢山の失敗があるから、失敗からのリカバリーができるようになっていたんです。

幾多の、幾万の失敗からリカバリーできる知恵と工夫が身についていたとしたら、、

あなたの未来に何がまっていると思いますか?

 

同じように失敗した人の参考になったり、助けになったりします。

不器用でも成功を目指せばいいんです。

そうすれば、沢山の経験があなたに資産としてたまり続けます。

あなたは、失敗から立ち直るすべを幾万も持ち得る人に成っています。

 

そんな、あなたはこれからの未来は楽しいことが待ち構えています。

 

こんな失敗をしてしまった。

どうしたら良いのだろうか、、、、

 

しばらく立ち止まって考える。

 

すると、失敗のデータベースがフル回転します。

 

これは、あのときの失敗と似ている。

 

違うことは、この1点だ。ならば、こうすればいいのでは?

 

と、あなたは失敗のリカバリー方法を思いつくのです。

 

あなたは、不屈のタフガイなんです。不器用な人が不屈のタフガイになっているんです。

そう、映画の「ダイ・ハード」の主人公のように、、

 

不器用は、不幸せではないのです。

不器用は、幸せになる一歩なのです。

 

不格好は?

不格好は、またあとで、、

 

ちなみに、私の手足は短いです。みんなからゆるキャラ体型と言われています。

格好良く有りません。

ですが、安心するんだそうです。昔、ある先輩に言われました。

「もぎちゃん。痩せたらあなたのキャラが死んじゃうから、痩せないでね」

 

 

 

そう、今もそのときの体重をキープしています。

格好良くないですけど、、

幸せですよ!♡