成果を上げる上司と上げない上司の違い。

成果を上げる上司

仕事の目的を理解し、部下を束ねる。部下の主体性を発揮するように仕向けている。そんな上司。

 

成果を上げられない上司

仕事の目的よりも、目の前の事に囚われ、緊急な齟齬とのみをこなすように部下に対して指示命令ばかりしている上司。

 

甘い上司、厳しい上司

部下に対して指示し、強要する上司を厳しい上司と感じている人も多いはず。こんな上司実は楽だったりする。

 

考えることは苦痛

考える事って苦痛。勉強好きじゃないでしょ?勉強って考える時間長いじゃない?好きなことを考えることって良いけど、仕事ってそうじゃない。だから考えることが苦痛になる。

指示命令ばかりの上司って、部下が考えなくなる。考えずに従っているって実は楽だったりする。

だから、指示命令ばかりする上司って実は「甘い」上司なんですよ。

で、考えさせる上司って実は「厳しい」上司なんですね。

甘い上司って、自分にも甘いんです。自分に判断出来る範疇の指示命令しかしてないから。仮に部下が、あなたが理解できないようなものを提案してきたらどうします。

ITに弱い上司に対してITの手法を相談したら、上司は勉強しなくてはなりません。それを排除できるんです。指示命令型の上司って。

考えたら、こんな図形ができた。

まあ、いろんなご意見はあるかと思いますが、コーチ型上司って優しいけど、甘くないんですよね。

身をもって経験してますので、、、