目標達成を支援してくれるもの

日々、忙しく過ごしている。忙しくて忙しくて考えられない。

立ち止まることも許されず、目標達成のために

動いていないと不安になって

ついつい、忙しくする。

目の前の事を一生懸命している。

受験、就職試験など

目の前の希望校、希望会社に受かることに

一生懸命に○○する。

塾や学校が用意するものを

こなすことに一生懸命になる。

それも、目標達成を支援してくれるものだ。

そのツールを使う。それもいい。

会社の上司が用意したもの

会社が教えてくれるノウハウを

使うこと。これも目標達成支援をするツールの一つだ。

もう一つのツールを使うことを提案したい。

それは、設計図を作るコト。

航海図といっても良いかもしれない。

漫画「ワンピース」でも「グランドライン」を目標として

航海をしています。

そのときに必要なものは「航海図」

設計図、行程表みたいなもの。

グランドライン=自らの目標地

真っ白い紙に、自らの目標地を左上に描く。

右下に現在地を描く。

どのようにして、目標地に着くのかを

自分なりに創る。

航海図を創ったことがない。

でも思うままに書いてみる。

コンパス
phon-taさんによる写真ACからの写真

目標地に着くためのルートを

自分なりに書く。

自分の航海図を書いたら、

航海士である人の意見を聞く!

(大事なのは意見であるということ。

参考にしていいが従う必要は無い。

ルフィーも、参考にしたが

従っていない。

自分の感性を信じているのだ。)

※航海士は自分が信頼できる人です。

そして、練り直す。

余分なものは思い切って切り捨てる。

最短で、最小の仕事で

目標地にたどり着くルートを

設定する。

(仮説でいいのだ。

実際は行ってみなければわからないのだから。)

大事なことは

余分なものを切り捨てること。

後で必要かも?

いつか使うかも?

「かも」はすてていい。

今、必要!ということだけする。

余分なことをしないから時間が生まれる。

航海図がないと

必要か不必要かもわからなくなる。

不必要なものもしてしまう。

だから、時間が足らなくなる。

「航海図」を描く。

これも、目標達成を支援するツールの一つだ!