サービス

2019年11月22日

ホット・コミュニケーションズでは以下のサービスを提供しています。

40代、50代で生き方を変えたい方へのコーチング

今までの生き方に行き詰まりを感じている人。
目標を達成したいけど、行き詰まっている人。
個別に、生き方・人生の目標を一緒に構築していきます。
生き方を変えるために、最低3ヶ月以上かつ2週間おきのセッションをおすすめします。
生き方を変えるために、思考習慣を変えることが効果的です。
セルフイメージを変える。これが最も効果的です。
長年築いてきたセルフイメージを書き換えるために、ある程度の期間をかけなければ修正できません。
そのため、最低3ヶ月、半年は継続をすることをおすすめします。
最初にお伝えしたいのは、このコーチングは苦痛を伴う。
ということです。
「生き方を変える」=「今でいた場所を変える」
つまりは安全地帯を抜け出す事になります。
安全地帯を抜け出す。いつもの場所を抜け出す。
冒険に出る。旅にでる。ということです。
どこへ行くのでしょうか?それは、かつてあなたが訪れたことがない場所です。
未来であり、未開拓地であり、あなた自身の強みが活かされる場所です。
今まで見慣れた場所を移動することは「不安」「苦痛」が伴う場合があります。
「勇気」を振り絞らなくてはならないかもしれません。
その「勇気」を出すことで、これからのあなたの人生が充実したものになる。
私はそう確信しています。

 

このコーチングで、あなたが手に入れるものは
勇気
決断力
自分の強み
選択力など多くのものが手に入ります。
あなたが手に入れる最大の効果は「充実した張りのある時間(人生)」です。
私は想像します。
「充実した張りのある時間」を手に入れたあなたが笑顔で大切な人と人生を過ごす姿。

青い空の元、大切な人と一緒にいます。

まぶたがあがっていて、その青空を見上げています。

はっきりとした口調で、大切な人と会話を交わしています。

その表情は温和です。目元が笑っているようです。他の人の批判や評価は気になりません。

自分たちの、自分の時間を大切にして生きています。

足取りは軽く、一歩、一歩が力強く、歩みを進めます。

整備された公園の芝生の上を、談笑しながら歩いています。

満たされた時間を過ごし、大切な人と共に夕食をとります。

そして、夜。

満たされた時間を過ごしたあなたは、心地よい眠気に誘われ眠りにつくのです。

あなたも、こんな時間を手に入れるために今までの習慣やセルフイメージを書き換える。
そんな事に挑戦しませんか?
このサービスで「充実した時間」を手に入れる。
私自身、今の充実した時間の価値は数千万円に値すると思っています。
私は五千万円と引き換えにこの充実した時間を手に入れました。
今は、充実した時間を過ごしています。そうなのです。生き方を変えたんです。
40代、50代で遅いと思っている人も多いはずです。確かに40年前であれば遅かった。
その当時の平均寿命は60歳台。残された時間がありません。
確かに遅いのです。
では、今は?
平均寿命は80歳です。40代、50代は40年前の30歳くらいなのです。
如何ですか。遅いでしょうか?
あなたの人生はこれから。という意味なのです。
では実際の金額はというと
これはあなたに失礼かもしれません。
価格はこちらをご覧ください

40代、50代で早期退職するorした方へのコーチング

終身雇用が当たり前だった時代が過ぎ去ろうとしています。
早期退職を考えている人。あるいは早期退職となってしまった人向けです。
何を始めるのでしょうか?
何の為に早期退職を考えているのでしょうか?
会社の方針でしょうか?
理由は様々です。
今までの経歴、実績を考慮して何かをしたいと思っているかもしれませんね。
ですが、相談相手を見つけるのは困難です。
家族に話すこともあります。親であったり、奥様であっり、姉弟であったり。
職場の先輩であったり。
あるいはキャリアカウンセラーかもしれません。
どの人に相談しても、一定の満足は得られるでしょう。
そして方針も決めることができるでしょう。
その方針。あなたは満足していますか?
早期退職した後の人生で充実した時間をすごしている方と
早期退職した後の人生で充実していない方との違いは
どこにあるのでしょうか?
あなた自身の価値を活かし切れていないと感じている。
私が思ったような状態ではない。
私が思い描いていた姿でない。
なぜ、そう思うのでしょうか?
私の経験を話します。
「過去の経験から、他の人が経験した生き方を選んでいる」
「私自身が現状を客観的にみていなかった」
「私が目指したい姿イメージできていなかった」
「私自身が明確なゴールを決めていなかった」
「私自身がゴール達成までの目標設定を誤っていた」
「相談する相手を間違っていた」
「他人の人生をまねしていた」
「私自身の幸せを正直に話していなかった」
「私自身を偽っていた」
「他人の価値観に従っていた」
楽に早く結果を求める場合、前例にならうことが効果的です。
焦っていた私は
「ゴールを明確にせず」
「目標を曖昧にして」
「人はいいという前例をそのまま採用して」
「人が良いという人生を選択する」
ということをしていたのです。
自分自身の人生を他人に任せていました。そして、相談する相手を間違っていたのです。
私が改めて相談した相手は
自分自身の人生を尊重し、私の持っている強み、弱みに焦点を当ててくれました。
私自身の本当に望むものを、聞き取ってくれました。
その過程を進み、次第に自分自身のミッション、信念、信条が明らかになりました。
そして本当の自分の姿が見えたときに、自分自身が活き活きとしてきました。
結果として自分が早期退職して、やりたいことが見つかりました。
その後は、いろんな方が私を応援してくれるようになったのです。
他のサイトをみてください。早期退職して、充実した時間を過ごしている人は
「自分を偽っていない」
ということがわかると思います。
このサービスでは、あなた自身を見つけに行きます。
そして偽らない自分になる勇気をあなたが持つことができるようになります。
このサービスは、自分自身を見つめることから始めます。
見たくない自分を見つめる事になります。
自分自身を撮影したビデオを見るようなもの。
自分自身の声を録音して、その声を聞くようなもの。
極端にいえば「見たくない!」です。
見ることによって、可能性を閉じてしまうような気がします。
それは、間違いです!はっきり言います。自分自身を見つめられない人にその先はありません。
そのため、自分自身を見つめること。
そのことを覚悟する方が、このサービスを受ける権利があります。
その覚悟がない人は、このサービスを受けないことをおすすめします。
このサービスは、あなた自身をカスタマイズすることになります。
ゴールや目標を改めて創ることから始めます。
そのため、3ヶ月継続して受けることをおすすめします。
早期退職を考えている、早期退職になってしまった方は、早急に結果をだしたいのではないでしょうか?
回数無制限の3ヶ月バッケージをおすすめします。
価格と詳細はこちらをご覧ください。

40代、50代のためのマネジメント改善(ビジネスコーチング研修/コーチング)

マネジメントはどのように身につけましたか?
先輩達が行っていたマネジメントを継承している人が多いのを感じています。
係長や課長という職に就いたときに研修を受けます。係長研修です。係長とはこうあるべきという概念論を教えられます。
これは役に立ちます。概念をしって、活用していく。そして、マネジメントをしてきます。
係長、課長になって数年経つと不満が募ります。部下が動かない。部下が働かない。
そんな不満がたまり、やがて「俺のいうことをきかない部下が悪い」となります。
部下が育ち、やがて自分の代わりになるほどに成長してもらう。
そのときには自分の立場が変わり、さらに責任が大きな役目を担うようになります。
管理職になる。
大きな責任と仕事が多くなることを懸念し、嫌がる人がいます。
それは部下の仕事を全部上司がしなくてはならない。
2019年現在。私の知り合いのビジネスマンの多くが苦労しています。
「働き方改革」の影響だと彼らは言います。
管理職は残業がつきません。
部下は残業時間の管理対象です。
「働き方改革」では残業時間を少なくする。という趣旨の意識が蔓延しているようです。
部下の残業時間を上司である管理職が受け持つということです。
こんな状況では誰も上司に、管理職になろうとは思わず、会社の存続は危ぶまれます。
というより、会社は存続出来ません。
では、どうすれば良いのでしょうか?今、この状況で何をすれば、この状況から改善へ向かうのでしょうか?
そのヒントがあります。「部下の強みを引き出す」です。
残念な事に20世紀型のマネジメントでは引き出すことが困難です。
20世紀型のマネジメントの特徴は「部下を引っ張る」です。
優秀な上司が管理職の見本となり、率先して仕事をする。
その背中を見て、部下が育つのを待つ。というものです。または、画一的な教育を施し、成長させるものです。
21世紀になり、20世紀のマネジメントだけでは不十分である。そう、様々な著書が書いています。
21世紀型のマネジメント。それは部下の能力を引き出すコミュニケーションを、上司が使う。という手法が主流となっています。
1on1ミーティングはその代表でしょう。
大都市圏、資本金のある企業で、研修費を使いそのスキルを社内に浸透し結果を出し始めています。成長戦略が実現している会社の多くが採用しています。
伸びている企業がしているマネジメント
伸び悩んでいる企業がしているマネジメント
何が違うのでしょうか?
日本が明治維新の後に何をしたか。
海外の列国に対応するために兵力を上げることだけに注力したわけではありません。
その当時の日本は、列国に比べ貧弱な国でした。明治時代後期、昭和まで、日本は急激に成長しています。
それは、教育の影響が多いと言われています。
日本はバブル以降、大きな企業がなくなりつつあります。
世界経済は伸びているのに日本は伸びていません。
しかし、GAFAと呼ばれる企業は成長し続けています。
何が違うのでしょうか?
私はマネジメント手法である。と結論づけます。
多くの才能を活かすマネジメント。一部の優秀な才能だけを活かすマネジメント。
多くの才能を活かすマネジメント。その具体的な方法をセミナー・研修でお伝えします。
価格と詳細はこちら

スポーツ指導者としての成長を促すコーチング(スポーツコミュニケーション)

実力以上の力を発揮する選手を指導するコーチと実力を発揮できない選手を指導するコーチの違いって何でしょうか?
いつも一生懸命に選手達を指導している指導者の多くを見てきました。
有償無償を問わず、自分の時間を削り取り自分のあらゆるテクニックを伝えようとしている指導者です。
選手の事を想い、選手の成長のために日夜研究に励んでいる指導者達です。
ですが、なかなか結果を出せずに苦しんでいる指導者がいます。
一方で結果を出す選手もいます。
何が違うのでしょうか?
指導者より良い成績を残す選手達も多いです。
親はスポーツ選手として結果を残していないのに、子供がスポーツ選手として成長し結果を出し続けている選手がいます。
親はスポーツ選手として結果を残したのに、子供は結果を残していない選手がいます。
何が違うのでしょうか?
何をしているのでしょうか?
人間は感情の動物である。気合いでなんとかなるときもあります。
それだけですべてが解決できるわけでないことは皆知っている。
こんな話があります。
アドバイスから行動に移す確率は30%以下
自らの提案で行動に移す確率は70%程度。
何をすれば、自ら提案し動くようになるのでしょうか。
その答えはこちらから。

 

子育て中の親のための子育てコンサルティング

子育て中の親の為のコーチング実践講座を開催しています。
現在は群馬県立図書館様のパートナーシップ事業として無料で開催しています。
詳しくはこちら

コーチ養成講座

令和2年度から講座を開催する予定です。

セミナー、研修&講師

コーチング講座、目標講座など自主講座を実施中です。スケジュールはFacebookのイベントをご覧ください。
facebookはこちらです。