目標とゴール

コーチングを受けるときに、クライアント(今はコーチャー)にレクチャーしておきたいこと。そのうちの一つに目標とゴールの言葉について同意をとること。

コーチングで扱うことは、未来のことと現状の事。

未来に向かって、共に歩みだすために、未来を意味する言葉について、同意をとっておくことが重要になる。

目標は実現可能なもの。

ゴールは実現可能なものでもいいし、実現可能でなく、目指したいものでもいい。

例えば、宇宙探検。

ゴールは冥王星を探検する。だとする。現時点では実現可能かどうかは不明なのです。しかし、ゴールはこれでいいのです。

目標は、冥王星を探査するために、現時点で実現可能なもの。達成可能なもの。例えば、木星の衛星を探査する探査機を打ち上げる。

打ち上げることはできる。木星の衛星までは届かなくても、打ち上げて木星の衛星に到達するまでの間に資料収集することができる。

そこから、次の対策を考えるヒントをもらう。

目標はあくまでも実現可能なもの。そして、そこからフィードバックをもらうこと。

このように認識していることが大事になる。

ゴール:目指すもの

目標:ゴールへ到達するために、現時点で必要と思う実現可能なもの。

このことに、コーチとクライアントが同意していることとがコーチング行うときに重要なポイントだと思っている。