シンプルに幸せとは?

投稿者: ホット・コミュニケーションズ 投稿日:

お金持ち

今朝、本を読みながら「幸せ」って何だろう?と疑問が浮かんできんです。幸せは人それぞれのもので、幸せの定義ってできないという持論があります。幸せの基準も異なると思っていますので、改めて自分の中で「幸せって何だろう?」という疑問が湧いてきたことにある種の驚きを感じています。

カメラ兄さんさんによる写真ACからの写真

あなたのとって幸せとは、何ですか?

人は自分本位である。というのも私の持論です。世界がどんなに悲惨な状況にあっても、自分がその環境にいなければ、「その状況に自分がいなくて良かった」と私自身が思ってしまうのです。これは正直な気持ちです。もちろん、世界には違い人達が沢山いるはずです。とすれば、悲惨な目に遭っていない自分の周りの環境が幸せの条件になるのかもしれません。ですが、私の中ではそれは異なるものです。私の幸せって何でしょうか?????そしてあなたが幸せって感じる時はどんな条件の時でしょうか?そして、なぜ、幸せと感じるのでしょうか?

不満

わがままでいること

他人にこうあるべき、とか、こうならなくちゃいけない。などというものを突きつけられたとき、あなたはどう思うのでしょうか?
こうあるべきの状態が「A」とします。
自分が「A」という状況になりたい。と思っているとき、「A」という状況になろう!と思うときの感情はどうでしょうか?
同じ状態を目指すわけですから、行動することは同じになります。ですが、前者の場合と後者の場合のモチベーションやエネルギーはどうでしょうか?
私の場合、後者であるほうが、モチベーションやエネルギーが高くなります。モチベーションやエネルギーが高い状態に、私は満足感を感じ、幸福感も感じてしまいます。
私自身が「A」になりたい。と思えている方が実は「幸せ」を感じているのです。

同じ、状態を目指しているのにもかかわらずです。

ということは、同じ状態を目指していても、幸福度が変わる。幸せと感じるレベルが違うということになるのではと、思います。
幸せでいる、満足度を感じるのは「自分なりにいる」=「我が儘」でいることなのではないでしょうか?

美人
私の奥さんではありません。悪しからず!

幸せの定義

我が儘であることはできるけど、生きていけるかどうか?という現実に突き当たります。いまは、貨幣を所有することが生き抜くためには必要なものになると思います。我が儘でいること稼ぐことを併走することが、良いのだと思っています。
とすると幸せの定義とはどんなことか

「己が己のままいつづけるために、稼ぐことができている」

こんな状態であれば、幸せを感じられるのだと思うのです。

我が儘でいるには勇気が要る。

私が起業した理由の一つが「我が儘でいる」ということです。私は一人ではできなかったことです。家族のフォローがあったからコソ、勇気がでたし、我が儘にもなれました。

コーチングで我が儘を通す原動力を作る!

私自身、「コーチング」を使ったことが大きかったんです。

  • なぜ、起業するのか?
  • 起業することが自分の幸せに通じるのか?
  • 起業することが家族の幸せになるのか?
  • 20年後も安心できるのか?

そんなことを、漠然と捉えていたことをコーチングで整理できたことが効果的だったんです。

起業する前、なぜ、起業しなくちゃいけないの?安定したままで良いじゃない?という疑問を多くの人が持ちます。安定を捨てて、なぜ起業するのか?そのメリット、デメリットを説明できるまでになれたことが大きかったんです。それが起業の原動力になりました。

仮にあなたが起業を考えていたとしたら、これをシンプルに表現することが有効かもしれませんね。

体験コーチングはこちらへお問い合わせください。


    0件のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です