稼ぐ秘訣!興味を持ち続けること。

投稿者: ホット・コミュニケーションズ 投稿日:


群馬で興味を持ち続けることの大事さ!

インスタグラムで「興味が尽きない毎日!」と題して、投稿しています。道ばたにあったゴミや風景なども対象で、話していること、自分の中の価値観も対象です。
起業家や副業家にとって、大事なことの一つは「興味を持ち続けること」だと私は思うんです。
起業家は、ニーズをみたすことで商売が成り立ちます。ニーズを満たすと簡単に一言で言い表すことはできますが、実は複雑なものだと思うんです。

ニーズという言葉に含まれているもの

「ニーズ」って何だろう?と改めて思うと、いろんなものが出てきます。そのうちの一項目が、起業家にとって有効なニーズになるのだと思うんです。
主婦である人のニーズって、自分の時間だったり、お弁当の作り方だったり、、
主夫である人のニーズって、掃除の仕方だったり、アイロンのかけ方だったり、、

その人によって異なります。

起業している業務内容によって異なるし、既知のものであれば新しい分野には進めないし、そうすると稼ぐではなく、既知の領土をどうやって奪うか?になります。
既知の領土には、大手企業をはじめ中小企業も進出していますので、体力が乏しい起業家には酷な状況になり、低価格にならざるを得ません。
それでは、収益性が低くなり稼ぐことになることは難しいでしょう?

ニッチな分野を見つける

ニッチな分野。これは発見することができると考えます。沢山の企業がある分野でビジネスをしていても、見逃している部分は必ずあると思うのです。その分野を発見できるかどうかが「稼ぐ」ために重要なポイントになるのではないでしょうか?
とすれば、ニッチな分野を見つけることを重点課題とすることにしているのではありませんか?もちろん、ニッチな分野を見つけるのは大変なことなのです。一朝一夕にみつかるものではありませんから、日夜相談しているのだと推察します。

誰が、その分野に詳しいのか?

もちろん、「起業家=あなた」以外には見当たらないし、あなた以外の適任はいません。なぜなら、その道で稼ごうとする覚悟があるからなのです。

コーチングが担うもの

人は一人では生きていけない。社会では、なおさらです。一人きりでは限界があることは誰でもしっていることです。ですが、起業家が陥る罠の一つに「全部を一人でする」という罠です。もちろんそれなりに知っている必要があるかもしれませんが、プロフェッショナルレベルになることは難しいでしょう!
情報があふれている現代では、取捨選択するだけでも相当な時間がかかります。なので、その専門スタッフを雇いたいくらいだと思います。
コーチングはそのあふれている情報を、あなた自身のフィルタで取捨選択することを手伝うことができるのです。一人で情報管理をしているばあい、見落とす情報が多々あります。余分な情報を抱えすぎてしまいます。その情報を整理する支援をコーチングが担っているのです。

コーチングセッションの時間が1時間程度な理由

コーチングセッションは40~60分くらいです。それ以上すると、あなたの脳が疲弊しすぎてしまうからです。コーチングセッションは普段使わない思考を刺激するので兆時間することには適していないと私は思っています。
普段使わない「思考」。これは、思いこみの枠から外れている「思考」です。思いこみの枠の外にある「思考」は普段使っていない部分です。
普段使っていない筋肉を使って運動すると疲労します。長時間続けることはケガの元になりますので、適度な時間で終わりにします。運動能力を向上するには必要なことですが、やり過ぎは厳禁です。なにせ、ケガをする確率がたかまりますので、、

普段使っていない思考を使うために、興味を持ち続ける。

東京などの首都圏のエネルギーは高いと私は感じています。そのため、毎日が刺激的です。毎日、激辛スープを飲んでいる感じです。なので、東京は黙っていても刺激は得られ普段使わない思考を使う機会が多いと思います。
群馬などの地方は、首都圏などと比べ刺激が少ないのは事実だと思います。そのため、なにかを宣言することが大事なのです。

興味を持つ!という宣言をしませんか?

話があちこちに飛んでいます。
地方都市、首都圏でも変えないことがあります。それは思いこみの枠の外の思考を刺激することだと思うのです。だからこそ、興味を持つということをし続ける。そのための行動をするのです。
その行動から、例えば「ニーズ」が特定できたり、視野が広がったりするのではないでしょうか?
一人でやるよりは二人。効果的にするには「話す」ことが重要なのではないでしょうか?その話す内容を引き出す人が「コーチ」なのです。


カテゴリー: シンプル思考

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です