生涯スポーツとしての野球を考える。

投稿者: ホット・コミュニケーションズ 投稿日:


元プロ野球選手とのコラボセミナー

西澤さん
西澤洋介氏

前橋育英高校出身、元プロ野球選手「西澤洋介」さんとコラボセミナーを行います。この方と知り合ったのはスポーツコミュBasi1という研修に参加してもらったのが縁です。その後、何回か自主セミナーにも来ていただいて、「野球」に関しての意見交換を重ねていって、今回のコラボセミナーが実現することになったんです。

野球人口減少を考える

私たち二人が危惧してるのは、「野球人口」の減少なんです。なぜ、野球をする人が減っているのか?どういうことなのか?

ネット上では指導者の資質とか体勢とかがクローズアップされている記事を多く見ますけど、一つのこととして子どもの状態という情報を伝わりやすく伝えていない。伝える人がいなかった。というのも在るんじゃ無いかな?なんて思ってます。

野球肘の事は知っていたけど、野球腰のことは知らなかった。最近の子どもは弱くなった。という感覚でしかなかった少年野球監督時代。この時代の子どもの身体的特徴を情報として持っていれば、違うトレーニングの方法が在ったんじゃ無いかと、西澤さんの話を伺っておもったんです。もっと早く出会えていれば、、、という後悔の念もあるんです。

野球って、肘壊したり、肩壊すのが当たり前のスポーツって感じしませんか?それは仕方ないこと。として捉えていたら、そりゃー親だって「野球」というスポーツを敬遠したくなります。野球がいくら好きでも、投げられない、となったら続けられなくなってしまいます。

僕がいた少年野球チームでも、小学生のうちから肘が痛い肩が痛い。と言っていた選手がいて、中学では野球から離れた選手もいましたし、ケガのため高校での野球継続、大学での野球継続を諦めた人がいますもの。

前橋中央ボーイズ 小学部

情報を伝える側が積極的に、伝える機会を創ることも野球人口減少につながるんじゃないかな?とも思っていて、やっぱじいさんになっても、続けていけるスポーツにしたいね。なんて思って、一緒に考えられる機会も創っていくのが、野球人口減少につながるんじゃないかな。なんて思ってこのセミナーのタイトルにしたんです。

本来野球は魅力的なスポーツ

野球は指示待ちのスポーツ。なんていわれてるんでしょうね。多分。野球をやっている人は、自ら意見を言う人が少なくて、採用したくない。ビジネスマンとして物足りない。なんて言われているかもしれませんね。

野球は団体競技でもあり、個人競技でもある。サッカーもラグビーも同じだと思うんです。個人競技的な、個と個とが直接対決するシーンが多いのも事実だとおもうので、、スポーツの種類が異なるだけでそれぞれに魅力があるのが良いんです。

野球は監督に依存的なスポーツ。サッカーやラグビーは選手が主体的なスポーツ。そんな風にステレオタイプにくくってしまうと、それぞれのスポーツの特徴や魅力を伝える事ができないかもしれませんね。

野球のどこが魅力的なのか?競技者として感じている魅力は、硬式球を木製バットで打ったとき、ジャストミートしたときの感触ですね。感動です。感触が少なくて、飛距離が伸びるんです。打った感触がすくないのに飛距離がある。このギャップ感がたまらない。攻撃側として、一つの作戦を実行してうまくいったときに選手でアイコンタクトをとったときの一体感なんてのも良いです。

守備面でいうと、打球を予測するためにバッターを観察するんです。バッターの力量、配球、球種、バットの出だし、スタンス、打つ前の視線を総合して、予測を立てて思ったとりに打球が来て、難なく処理することができたら最高です。自分の予測があたるんだから、嬉しいし楽しい。自分の能力が高まったとも思える瞬間ですね。

個人的な思いを書きました。

野球の個対個は、分析する時間があること、情報収集をする時間があること、戦略をストーリーとして立てることができること。

個々の能力が異なるチームで、個々の能力がマッチして結果がでる。見る方もする方もストーリーを創ることができることが魅力だと思うんです。

魅力は知的なところ。

野球に限らず、スポーツは知的だとおもうんです。

対戦型スポーツ、記録を競うスポーツなど幾つもの形式があるんだと思うんです。スポーツをしている人は最後には結果を出したいんだとすれば、結果をだすために様々な情報、知識、能力、技、体力などを身につけるのではないでしょうか?

相手を観察し、状況を把握し、状況を分析し、情報を収集し、相手の心理状態を察し、自分の心理状態を理解し、自分の能力、強みを活かす。それを競技中にやっているんです。すごいんですよね。

だから私たちは、スポーツに感動するのではないでしょうか?

有望な選手を諦めさせないために

スポーツは体力を使います。普段の生活に使わない能力を発揮することが求められているとしたら、身体に負荷がかかりすぎてしまうと言う状態が起こる可能性がある。

使いすぎとかやり過ぎとかで故障する人がいますし、見ても来ました。そんな人を少なくしていきたい。自分の事を、自分の身体の事をしって把握できるようになったら、故障も減るんじゃないかな?と思っています。

少年期は成長期で、骨格などの情報をもっていないと負荷がかかりすぎて壊れやすいのではないのかな?今の時代の子どもは、40年前の子どもと骨格から筋肉から異なっているというのが現実らしいです。

ただ、最近の子どもが弱くなった。という一言でかたづけるより、今の身体情報を持ち合わせることの方が選手は故障なく成長できるような気がするんです。好きな野球を長く続けられると思うんです。

そのための情報をこのセミナーで提供していきます。

有望な選手がより活躍する選手に育成する醍醐味

こういう指導者がいたとします。

「自分を超えた選手を育てたいんです」

どうすれば良いのでしょうか?自分が到達していないレベルに選手を育てる。どうやって育てますか?

以前オリックスに仰木彬さんという監督がいました。イチローさんが才能を開花したときの監督です。仰木さんは二塁手として活躍しました。シーズン打で250以上になったシーズンは2回だけです。

なぜ、仰木さんはイチローを育てることができたのでしょうか?実はコツがあるんです。そのコツ、本当に簡単なものなんです。プロコーチとして何人もクライアントを見てきました。そのコツが有るとすれば、、、

そのコツの一つを、このセミナーでお伝えします。

開催日時

日時:2021年1月24日(日)開始 13時30分  終了予定:16時30分

場所:群馬県立敷島公園管理事務所2F 会議室

募集人数:24名(先着順)

参加費 :10,000円

申し込み方法はこのリンクからお申し込みください。