目標は立てないということはどういうことか?

過日、ダイヤモンドオンラインでこんなコラムを見つけました。「ジャパネット創業者・高田明氏が「目標を掲げない経営」で成功できた理由」というものです。高田明さんが大きくできた理由を書いていました。トップマネジメントという事です。激動の時代を生き抜いてきたならではの含蓄があります。私も共感する部分が多くあります。見習いたい部分もあります。

「トップマネジメント」というカテゴリですけど、トップでなくてもこの考え方は参考になると思うし、特に起業しているひとにとっても参考になるかと思うんです。

目標を決めないとは「正解を決めない」ということ

この中で、高田さんは今できる事を一生懸命にやってきた。と語っています。タイトルだけを読むと、「目標は決めない」がいいと思われるかもしれませんが、しっかり目標を立てています。

例えば、

大それた目標を立てていたわけでもありません。ただ、「カメラを500台売るぞ」「アルバムを3000冊売るぞ」と思って一生懸命やっていただけ。目の前のことを懸命にやっていると

貼り付け元 <https://www.msn.com/ja-jp  (Web 表示)

ちゃんと、目標をたてているんです。目標の種類が違うということです。高田さんが立てているのは、「実現可能な目標」ということです。今の自分に達成可能な目標をたてて、それを実現するために日々努力している。それを言っているのです。

高田さんは「大それた目標」は立てない。ということで、今の自分には到底できない目標は立てない!でも、達成可能な目標は立てる。そして、その目標が達成できるともくろめた段階で、次の達成可能な目標を立てる。そう言っているのです。

次の目標は、能力がついてから決める。

最初の目標をA目標とします。次の目標をB目標とします。A目標は今の自分で達成可能ですから、時間と行動を積み重ねることで達成できます。しかし、B目標を達成する事はその時点では無理だと言うことになります。

ウエイトリフティングに例えましょう。100kg持ち上げる選手がいたとき、140kgを持ち上げることは不可能です。140kgを持ち上げるために何をするのでしょう?

することは決まっています。まず、101kgを持ち上げるためのトレーニングをするんだそうです。日々、少しずつ繰り返すのだそうです。そして、101kgを持ち上げられるようになって、次の目標を決めるのだそうです。104kgにするか110kgにするかを決めるのだそうです。

101kgを持ち上げるトレーニングをしていて、自分であれば次の目標数値をどこに設定すると効果的なのか?を理解できるとのことです。

それを繰り返すことで、140kgを持ち上げることが可能になるのだそうです。

方向性はある!

大それた目標は決めないけど、方向性はあるんです。高田さんも「カメラなどを売る」ということは決めています。必要であれば、他の事をするかもしれないですね。でもその方向性をきめて行動しています。方向性を決めて、ある目標を達成して、そのときに再度方向性を検討して、目標を設定するのです。そのときの能力を自覚しながら、、

経験を資産にしていく。

高田さんは「人生の中に「失敗」はない。うまくいかなくても絶対に次に役立つ。」と言っています。私もそう思うし、成功している、自分に満足な人生を送ってきた人達は同様な言葉を残しています。

格言名言365(無料版)配信サービスを申し込む

失敗とは経験であり、資産になっていくんです。そしてその経験を活かすからこそ、リスクを減らしていくんです。私も、ゼロリスクを求めています。ですがそれは現実的ではないのです。だからこそ、積極的に行動を起こし、失敗というリスクを経験に取り組んでいます。あなたもそうであると思います。いままで、そうやっていきてきたんだとおもうんです。

方向性を決めるための「フューチャーペーシング」

目の前をことを一生懸命にする。本当に大事だと思います。高田さんのいうとおり、「ミッションに立ち返る」ことは大事だと思うし、勇気になるし、エネルギーになると思うんです。
ミッションとは、理由。使命です。つまりは「命の使い方」だと思います。どのように命を使うのか?それを一緒に創って行きましょう。

サービス紹介

フューチャーペーシング(60分)

フューチャーペーシング(4ステップ)

フューチャープランニング

一人ではできないようになっている。

私は一人で何でもできる。そうおもっていました。こう言われて育ってきました。「なんでも一人でできる様になりなさい」「独り立ちとは、生きる為のことを自分でできる様になる」そしてそれを信じて生きてきました。

でも、できません。それは本質というしかないです。一人でできると思っていても、いろんなものを見失います。知っているのにです。行動も滞ります。自分のことなのに、、

握手
提携関係になる!

人生をマネジメントする。ビジネスをマネジメントするパートナー。

効果的に目標を達成すること。それを望んでいるのであれば、コーチを雇うことを提案します。一人ではできないけど、パートナーと一緒なら可能になる確率は高まります。どんな人をパートナーにするか?その選択肢に「コーチ」という存在があります。

客観的な視点と視野をもち、あなたの現状を教えてくれます。思考の整理整頓ができる環境を用意できる専門職です。

あなたが自分の未来を創るための行動促進の専門家です。あなたが自分の未来を、一生懸命につくるための、パートナーになれるのです。

目標をたてて実現化する。今を一生懸命に活きる。これからあなたが30年起業を続け、法人化してさらに大きくする。そのために、今の自分必要なものを選んでほしいのです。

目標達成工程管理の専門家

目標を達成するまでには、ステップを踏みます。その工程表をつくり管理してきました。それは土木という分野です。社会基盤を作っていました。道とか橋とか、、

最初は「ここに橋を架ける」だけです。

次は、どんな橋を架けるのか?イメージ図にします。イメージ図を実際に作るために、構造計算から材料数量、施工計画をたててきたんです。そして、実際に作る段階になります。現場に入ります。すると予測してないことが日常的に起きます。しかし、それらの課題を解決しながら、構造物を作ってきました。実現化しています。

30年前、五万分の一の地形図に私は、ある線を引きました。いま、それは自動車専用道として存在しています。最初は紙に書いた、線一本です。それが実現軽するんです。私はそのノウハウを持っています。さらに、コーチングというスキルを組み合わせています。

共に創る。というコンセプトであなたのパートナーになれます。

あなたのイメージを現実にできるんです。

フューチャープランニング&ビルド

この提案を受けていただける方の連絡をお待ちしています。


    0 Comments

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。