ファンクショナル・コーチング

ファンクショナル・コーチング ファンクショナル・コーチング
コーチの雇い方

コーチの雇い方(23)自らの価値観に従って生きていきたい人が雇っている。

知っている人はやっているし、わかっている。そんなことを書きたい。 僕たちは正解を求めて生きてきて、敷かれたレールの上を走ってきました。 例えば、テストでは100点を取ること。例えば、良い会社に就職すること。例えば、会社内で昇進...
コーチの雇い方

コーチの雇い方(22)日本人のあなた!長期目標を建ててますか?目の前のことしか目標にできない。だとしたら人生後半は充実しないかもしれません。

長期目標をたてることはイメージ力や創造力が必要になっていますが、多くの日本人は脳機能のうち「創造プロセス」のつながりを刈り込まれている可能性があります。 長期目標をたてることを目的にコーチを雇う。 これからの仮説に合致する場合...
コーチの雇い方

コーチの雇い方(21)メタ認知を促進させ、思考力を養うためにコーチを雇う!

コーチングの必要性について コーチングの必要性について、思考を深めている最中にこんな本に出逢った。「自律する子の育て方(著者:工藤勇一、青砥瑞人)」 子育て論なのだけど、脳神経科学からのアプローチを行っていて、僕にとって思考を...
コーチの雇い方

コーチの雇い方(19)コーチングカンバセーションする事の恩恵と効果

月一で、コーチングカンバセーション(セッション)をMCC(国際コーチング連盟マスター認定コーチ)である畑さち子さんと一緒にお話をしています。 マイコーチを雇うことの目的 僕の場合、自分の考えを整理する。目的をより明確化する。た...
コーチの雇い方

コーチの雇い方(18)自分の時間をさらに増やすために雇うという考え方

コーチングのクライアント募集していて、違和感を感じることがままあります。なにに違和感を感じているのか?というところから、コーチの雇い方をお伝えします。 何故、能力を最大化させるのか? そもそものお話。コーチングは何のた...
コーチの雇い方

コーチの雇い方(17)仕事早く終わらせて、楽園にもどる。または、仕事の質を高めて神さまに奉仕するのか?

「ひろさちや」さんが書いた本に「仏教流 上司学」という本に仕事にまつわる価値観が書かれていた。キリスト教圏のおいて仕事は「懲罰」なのだそうだ。日本の様な国においての仕事は「神事」なのだそうだ。 文化的な背景を捉えることでコー...
コーチの雇い方

コーチの雇い方(16)継続的な成功を望むなら、コーチを雇い能力を高めるという雇い方。

世の中、効率的にとか,すぐにとか、楽してとか、簡単に・・等と行く言葉で誘っている場合があります。僕もこの状態を望んでいますが、簡単に成果を出すことが難しいことだと認識しています。 簡単に成功できるコトを望む人はコーチングを選...
コーチの雇い方

コーチの雇い方(15)一所懸命にしている人ほど、視野が狭くなる。なので、コーチを雇うことをオススメします。

”集中”って言葉があります。どんな意味だと思っていますか?という感じなんですけど、一点に集中するのか、いつでも対応できるように全方向に神経を張り巡らすのか?自分のスペースに神経を集中するのかとなります。 人にはキャパシティー...
コーチの雇い方

コーチの雇い方(14)有効なコーチングを可能にするクライアントの姿勢と考え方。

主体的な人が少ないなあと感じてしまう日々です。自分で自分の事を決めない依存的な方がコーチングを受けるととんでもないことになるかもしれませんので、、ということで、、 カウンセリングの別バージョンではありません! コーチン...
コーチの雇い方

コーチの雇い方(13)指示待ち経営を、主体的経営に変えるために雇う。とう考え方。

下請け企業はいずれ、ベンチャーに喰われていく これが、常態化しているのが日本の多くの中小企業の経営です。 大企業からの発注を受ければ、営業しなくても良いので、効率的に仕事を進めることができます。 確かに良いことで...
シェアする
タイトルとURLをコピーしました