女子7人制ラグビーの元ヘッドコーチ「稲田仁」さんの無料講演会です。

こんにちは、群馬県のモチベーションの専門家・モチベーションコーチの茂木ゆういちです。

今回は、講演会のお知らせです。

一般社団法人 日本スポーツコーチング協会主催で無料講演会を開催します。

女子7人制ラグビー オリンピックに出場した選手達のパフォーマンスはどうだったのか?稲田仁さんから見えている選手のパフォーマンスは?

最大限に発揮させるために必要なことは?

指導者として興味が尽きない内容になっています。スポーツにおいて選手のモチベーションを上げてパフォーマンスを最大化することは、指導者の使命ではないでしょうか?

パフォーマンスを発揮させるために必要なこと。オリンピックという舞台での経験を踏まえてのお話を聞くことができる貴重な時間です。

この逃さないように・・

申し込みは↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ から

■講演者

稲田 仁 (Hitoshi Inada)

・元女子7人制ラクビー日本代表 ヘッドコーチ
・一般社団法人日本スポーツコーチング協会 理事

稲田 仁(いなだひとし)プロフィール

1983年 三重県志摩市生まれ
小学校1年生からラグビーを始め高校、大学、社会人でプレーし31歳で現役を引退。
2014年 大手飲料メーカーを退社後、日本ラグビーフットボール協会 女子TIDマネージャーに就任
2015年 女子セブンズユースアカデミーヘッドコーチに就任
2016年 女子7人制日本代表コーチ兼女子セブンズユースアカデミーヘッドコーチに就任
2016年 女子7人制日本代表ヘッドコーチ代行に就任
2016年 アジアラグビー 女子セブンズシリーズでヘッドコーチとして初優勝を果たす。
2017年 正式にヘッドコーチに就任。
2018年 アジア大会で女子7人制ラクビーで初優勝を飾る。
2020年 ヘッドコーチを退任。パフォーマンスマネージャーに就任
2021年 ここまでの道のり、全6試合を通じて、今まで考えてきた
    「選手のパフォーマンスを最大限に発揮させるために本当に必要なことは?」
    その答えにたどり着く。

そして・・・その答えを立証すべく次の夢に向かうと決意する。

https://sportscoaching.jp/20210913-2/?fbclid=IwAR238xbm-31zx-_1wVoMYZGADb5uDTnYubL42-EuNExfhDf26DpwJC8g4Go

参加お待ちしています。