より自分らしく

エンジニアリングコーチを明言したのが、2週間前。早速変更しよう!
何に変更するのか?

より自分らしく、より自分が普通に出している強みを出せるように、、

僕は、何やら人を和ませるらしい。話しやすいらしい。

大学時代以降、そんなことを言われている。自分では意識しない。けど、そういう雰囲気なのだそうだ。

ゆるキャラ体型と言われつつ、今を迎えている。

一方で熱すぎるキャラらしい。暑苦しい時もある。

自らの屋号も、そこからとった。

一年間、特徴があるようにと、思考を巡らしていた。

ホラ吹きコーチを名乗りつつ、、

過去の自分を認め、やりたいこととやれることを考えて「エンジニアリングコーチ」と2週間前に変更した。

今回は・というと

屋号に戻ろう。

そう思った。

「ホット・コーチ」=ホッと(肩の力を抜いて)、温かく(ほんのりして)、より熱く(熱意を持つ)状態に、クライアントがなるコーチとしていっても良いかも。と思う。

そうクライアントがもつ能力を出す。出し切れる。いわゆる自然体な状態に成ってもらえるように、、

偽らない状態に成ってもらうように、、

その人にとっての「普通」な状態で生きてもらえるように、、

多分、それが「茂木らしい」なのではなか?

そう、思えた。

だから、「ホット-コーチ」を名乗ろうと思う。

ちなみにアルファベット表記はこうなる「Hotto-Coach」

2019年04月14日