商品一覧

セミナー・研修

 

1)巻き込み力を養うビジネスコーチング研修
 累計100万人を超える来場者、事務局は常に200人を超える。その人たちの一体感を醸成したのはどんなスキルなのか?
縦割り社会の公務員業務で3省の縦割りを一年早く破った理由は巻き込み力にある。ビジネスはいつでも人を巻き込むことで現状を突破したhowを提供する。
2)役所とのコミュニケーション対策研修
 元、公共事業担当であった経験から、発注者が満足する打ち合わせ、成果品の説明のスキルを伝える。30年以上公共事業の検査に立ち会い、建設会社や設計コンサルティングの担当者が伝えられていないことを伝えるスキルを解説する。
単純なことなのです。これさえ押さえれば、役所の担当者とのコミュニケーションがスムーズになり、質の高い成果品をおさめることが可能になります
3)ビジネスコーチング研修
 管理職になって戸惑うことが多い。あなた自身が、チームの生産性を阻害している要因だとしたら、会社にとって不利益この上ない。コーチングスキルを応用したコミュニケーションスキルと身につけることで、生産性が向上する。その方法を研修でおつたえします。
<対象者>成果(結果)と育成に責任を負っているスポーツの指導者(コーチ・監督)スポーツ関係者(トレーナー、インストラクター、教育者、担当者)スポーツチームの関係者(スポンサー、サポーター、支援者)スポーツをしているお子さん保護者スポーツの指導者(コーチ・監督)をサポートしたいプロコーチ

この研修は、「谷口貴彦マスターコーチ」が作り出した研修を伝授された「茂木ゆういちコーチ」が行います。「谷口貴彦マスターコーチ」から、直接伝授されたコンテンツとテクニックを用いて行う研修です。※http://www.coach7ps.com/business/詳細は上記をご覧ください(内容はDVDの説明になっています。2日バージョン、1日バージョンがあります。)

 
4)スポーツコミュニケーション基礎講座
ポーツコミュニケーションとは選手・チームがゴールに向かうプロセスでゴール達成に必要なスキル(技術)を身につけ経験から得られる知恵とノウハウを手にし目標達成の再現性を高めるツールや方法を備えさせる技術です。
このコーチングのコミュニケーション技術とノウハウをスポーツに特化して応用したスポーツコミュニケーションの基礎知識を二日間で学びます。
5)建設系コンサルタンツ向け コミュニケーション顧問契約
 顧客とのコミュニケーションで困っている場合、半年契約でサポートします。
顧客との打ち合わせが十分でなく、余分な検討や成果品の不備などが指摘されることがしばしば起こっていませんか?
その場合の経費は馬鹿になりません。顧客が本当に望む検討内容を知るためのコミュニケーションの取り方、聞き方を随時レクチャーします。近隣の場合、定期的に会社に訪問しレクチャーや相談にのります。
技術系の社員が多い場合には、コミュニケーションを度のようにとって良いかわからない場合が多いばかりか、先輩社員でがそのことを苦手としている場合が多いのです。
 ミスコミュニケーションにより発生する人件費は相当なものです。建設系コンサルタンツの場合経費のほとんどが人件費となります。顧客の要望から検討項目を必要最小限に絞り込み、しかも顧客が求めている項目の優先順位を聞き出すことができるようになります。
 そうすることで、顧客満足度、公共事業であれば評点を向上させることも可能となります。
また、状況に応じたコミュニケーションの取り方をお伝えします。
そして、これを繰り返すことで社員の経験が増し、コミュニケーションスキルの向上が図れます
5)中小企業向け 顧問契約
 会社が成長するためには、会社自身が健康でなければなりません。そのための顧問契約です。会社の検討は、経営者、社員が健康であり、主体的に働いている状態です。人間にとっての血液が会社にとってはコミュニケーションとなります。会社によってその課題は異なります。課題とは人間にとっては病気です。血液の循環がよくなれば病気の治癒確率が高まるのと同じで、社内コミュニケーションが活発になれば社員による課題解決が可能になります。そのための顧問契約です。

 

3)ビジネスコーチング研修(2日バージョン詳細)

ファウンデーションを整える(Ⅰ):2時間
   CP1:成果を出すビジネスコーチングとは?
   CP2:部下との関係性を築くオリエンテーションスキル


ファウンデーションを整える(Ⅱ):2時間
   CP3:部下の潜在能力を発揮させる環境を整える
   CP4:メンバーとの真の信頼関係を築くスキル


ビジネスコーチング基本スキル(Ⅰ):2時間
   CP5:部下の個性と強みを活かしてパフォーマンスを上げる
   CP6:部下の主体性を引き出すアクティブリスニングのスキル


ビジネスコーチング基本スキル(Ⅱ):2時間
   CP7:メンバーとの情報の共有化を図る効果的な質問-1
   CP8:自ら考える力を備える効果的な質問-2


ビジネスコーチング基本スキル(Ⅲ):2時間
   CP9:ゴールを活用して人を育てる
   CP10:人の成長を促すチャンクダウンスキル


ビジネスコーチング基本スキル(Ⅳ):2時間
   CP11:成長と成果を測り、次につなげるスケーリングスキル
   CP12:目標に向けての行動を継続させるフォローコーチング


※詳細はお問い合わせください 。時間等は調整

2)スポーツコミュニケーション基礎講座(2日バージョン詳細)
:選手の力とチームの力を最大化するスポーツコミュニケーション基礎講座
<講座内容>

・スポーツコーチング概論

・指示型指導から開発型指導へ

・P:PCバランスの法則

・成果を最大化させる方程式

・P=P-Iの法則

・なぜコーチングを活用すると自ら考える選手になるのか

・スポーツコーチの盲点と視点

・指導者の言葉が選手に与えるいい影響と悪い影響

・選手の個性を生かすには

・強固な真の信頼関係の築き方

・コミュニケーションの質と量の黄金比率

・選手を追い込む質問・選手を伸ばす質問

・選手と交わす話題の盲点

・指導者が選手に与える存在感と成果の関係

・ゴールに向かうプロセスで遭遇する問題と対処法

・他

※スポーツコーチングは、実際のスポーツの技術を指導するものではありません。

 人がどうなれば最大限の力を発揮するか、どんな関わり方がそれを可能とするか、

 その具体的なコミュニケーションの手法、それを専門とします。

 よって具体的なスポーツの技術指導はありません。
※詳細はお問い合わせください。
3)保護者会向けセミナー
:「子育て中の親のためのコミュニケーション実践講座」
Seminar 1 「子育てと自分」
 子育てをしてきた私自身を認め、これからの子育ての将来像をイメージする。人としての成長を実感する。
Seminar 2 「聴く」
 「子供が言うことをきかない。」には原因があります。普段の接し方から、「子供が主体的になる」きっかけづくりをお伝えします。
Seminar 3 「話してみる」
 子供に自分の伝えたいことを、きちんと伝えるための「話し方」のスキルをお伝えします。
Seminar 4 「質問する」
 アクティブラーニングで必要となる「考える力」を家庭内で醸成するための「効果的な質問」の仕方をお伝えします。
Seminar 5 「認める」
 自己尊厳や自己達成感を強め、子供が自分自身を信じられる状態になる「認める」という方法をお伝えします。

 

 

   

2018年06月18日