ブログ

ブログ一覧

大ぼらを巻き込み力で現実化する

「悩むんだったらホラを吹け」とかいろんなキャッチフレーズを考えていた。そして、今のキャッチフレーズ。「大ぼらを巻き込み力で現実化する」というものを掲げてみる。ゴールを達成するために、あえて、「大ぼら」を吹くことを勧める。そんなコトをしていく。どうせ、ゴール達成を支援するのであれば大きい方が楽しい。もちろん小さくてもいいけど、そのくらいの意気込みが欲しいな!!どうせ、人生は一度きり。だったら楽しくいこう。そういう意味!!あ、、巻き込み力って初出だよね。巻き込み力っていうもの。これも僕の特徴らしい。ということでそれは今後のお知らせを待ってください。

2018年10月07日

コーチングのコーチとクライアントの役割

コーチとクラインとの役割。それを理解しないと依存関係となる。そのため、コーチングの効果が激減する。行動するのはクライアントである。コーチはクライアントの行動を促すためのきっかけを作っていく。現状とゴールを明確にする。クライアントは自分の姿を絶対に見ることはできない。クライアントが行動することに集中するために、コーチはその行動をマイルストーン毎にフォローしていく。それだけだ。

2018年09月28日

蒔かない種は目をださない。

種をまかないと収穫はないが、蒔かなくとも収穫を求めたい。だけど、希望の収穫はない。なぜなら、蒔かないで収穫できるものは雑草の果実だから。時折、鳥が種をもって来るけど、その種は期待したものではない。
自分の収穫したい果実は、自分で蒔かない限り手には入らない。
そういうものだと思う。

2018年09月13日

フラットでいる

「人を動かす」というD・カーネギーの本を読んでいるんです。ここに書いてあること。会社員時代には否定されていることが多いですね。「議論に負けてどうするんだ」「徹底的に相手を説得するんだ」「間違いは認めてはいけない」云々。

ところが、前述の本は全く逆。不思議だよね。全世界でのベストセラーになっている内容と実社会での内容が異なっている。もしかしたら、全世界でのベストセラーは、現実から逃げるためのもの?

さあ、どうでしょう。一読してみませんか?

フラットでいる。これは「カーネギー」が書いている本の内容を実践するために必要なものだと思うんです。

自分の価値観が絶対と思っている場合、できないんです。そうすると、人を動かすことは難しいんです。

僕はコーチをしています。コーチは「行動を継続させる人」でもあるのである意味「人を動かす」んです。だから、コーチの時はフラットでいる方が、効果的なんです。コーチが「あるべき」という価値観をもった瞬間、クライアントの「動き」は止まるんです。

僕は、フラットなんです。ただ、ファットでもあります。(笑い)

2018年09月10日

睡眠は大事

本当に睡眠は大事だ。やる気も行動もそれ次第。みんな!寝ようぜ!!

2018年09月06日
» 続きを読む