ブログ

ここにも選手の成長を育成する人たち(2)

 

ここには保護者がいつもいる。
二時間の練習時間中に、陸上競技場の中に保護者がいる。

最初は戸惑った。
僕の常識では、親はそこにいない。
親が好きでそこにいる。
そう思った。

今の時代、中学校や高校部活でさえ親が練習を見守ったり、親が積極的に先生や指導者に対応する。そんな状況が多い。
指導者は、「保護者にいて欲しい。」とは言っていないが、保護者がそこにいる。
そういう状況かと思った。

それにしては、人数が多いなあ。と感じた。それが第一印象。


委員長の森山さんに聞いたところ、そうではない。
ジュニアアスリートクラブは小学生がメイン。
小学校一年では、身体の成長は未熟。
小学校六年も、未熟な部類に入る。

二時間の練習時間でも、何が起こるかわからない。

出来ている選手も、急に具合が悪くなることもある。
そんなことがある。

そんな時に保護者に対応してもらうのだそうだ。

「なるほど!」と頷いてしまった。

小学生指導経験を振り返れば、選手が急に具合が悪くなることがある。

保護者に電話して、来てもらって、対応してもらう。
かといって、保護者が練習場所に来るまでに時間がかかる。
その間は指導者が面倒を見なくてはならない。悪化するリスクもある。
アレルギーがあればなおさらだ。

具合が悪くなる。
A:様子を見る
B:連絡する
C:親が移動する。
D:親が到着し、具合が悪くなるまでの状況を聞く
対応する。

保護者がいない場合の対応は上記のような経過をたどる。保護者が常にいる場合は以下の経過で済む。

具合が悪くなる
対応する。

A~Dまでの時間を省くことができる。
小学生アスリートの場合、この時間が少ないほどいい。

メリットは、指導者のリスク軽減だ。
指導者で医療知識を持っている人は圧倒的に少数だ。
何が起こっているのかわからない。
パパ、ママコーチではなおさら。
具合が悪くなったときのリスクを最小限にすることで、指導者の安心感が増大する。
指導に余裕がでてくる。

さらなるメリットがある。
指導者の指導方針、今日の練習方針、指導者の考えを伝える機会が得られるということだ。
通常、保護者集会というものを開いて、上記を伝える。
ここでは毎週、伝える機会がある。
指導者と保護者の関係性向上に大いに役立っている。
だから、保護者は安心できるし、信頼もできる。

その他にもメリットがたくさんある。
だからこそ、選手達も安心してこの場にいることが出来る。
そう感じた。

ものすごく、良いシステムだと思った
続く

2019年02月12日
» 続きを読む

新着情報

» 続きを読む

ここは、立ち寄る場所

自分の成長を信じ、勉強し、訓練し、努力を重ねてきた。でも、なかなか成長できない。目標に到達できない。そんな時に、ここに立ち寄ってください。あなたの目標、目的を聴いて、そのプロセスも全部、ここで吐き出してください。思う存分吐き出してください。人から、「そんなことは実現できっこない」と言われたことでも、あなたの話を聞きたいと思います。

ここは、夢に向かって進む人達の途中駅でありたいと思っています。

ここで、エネルギーを補給したり、別のルートを見つけたり、準備をしたり、目標に向かって進むあなたが、さらなる高みに向かっていくための場所です。

 

ここであなたにする質問は・・

あなたが一生懸命であればあるほど、何かを見失います。その見失っているものを見つけるのが、僕の質問です。

あなたが一生を、悔いなく生き抜くことを願っています。

そのために、「あのとき、○○しておけば良かった」とか

「あのとき、勇気があったら・・」とか

「あのとき、このことがわかってたら」とか、、

そんなことがなくなって欲しいと思って質問を用意します。

あなたのためだけの質問を用意しています。あなたが、過去を振り返っても、「あのときの勇気があったから、今があるんだ」と思ってもらいたいのです。

勇気は誰にでもある。

そう、勇気は誰でも持っています。背中を押してもらえさえすれば、踏み出せる勇気。そんな、背中を押してもらいたい人がここにいるように覆っています。