コーチング群馬


コーチング受ける=人生を乗り換える

ここはトランジット

自分の成長を信じ、勉強し、訓練し、努力を重ねてきた。でも、目標に到達できない。そんな時に、ここに立ち寄ってください。あなたの目標、目的を聴いて、そのプロセスも全部、ここで話してください。思う存分話す。そこから見つかるものがあります。あなたの生まれ持った能力に蓋をしているもの。押さえつけているもの。見失っているもの。障害となっているもの。

夢、ゴール、目的に向かって進む人達のエネルギーやモチベーションを蓄えて、新たなゴールに向かうトランジットでありたいと思っています。

ここで、自分自身のすすみたい場所に行き着くために、乗り換えてください。

現状を確認したり、目的を見直したり、ゴールを新たに決めたり、準備をしたり、自分自身を整えたりしてください。夢やゴールに向かって歩むあなたが、歩み続けるための途中駅です。

あなたに問いかける

あなたが一生を、悔いなく生き抜くことを願っています。
そのために、「あのとき、○○しておけば良かった」とか
「あのとき、勇気があったら・・」とか
「あのとき、このことがわかってたら」とか、、

そんなことを言わないで済む人生を送って欲しい。そう思い、問いかけます。

あなたのためだけの問いかけを用意します。あなたが、過去を振り返っても、「あのときの勇気があったから、今があるんだ」と思えるために。

勇気はある。

そう、勇気は誰でも持っています。背中を押してもらえさえすれば、踏み出せる勇気。背中を押せば踏み出せる準備はできています。勇気ある一歩を踏み出す。

「あなたはできる。僕は「そう」思っています。」

あなたは、その勇気を持っています。

コーチングを受ける=人生をリノベーションする

生き方をリノベーションする。

リノベーションサービスとは

目標達成能力を身につけるサポート(コーチング)
(個人のリノベーションサポート)

   例えば・・

 立派な経営者になる。みんなから尊敬される管理職になる。県大会に出場できる部活顧問になる。全国大会に出場する監督・コーチになる。小説家になる。歌手になる。噺家になる。起業家になる。発明家になる。年収三千万円を稼ぐ。立派な親になる。プロ選手を育てるパパママコーチになる。など

主体的な社員になってもらうサポート(セミナー・研修)
(組織のリノベーションサポート)

   例えば・・

 自律的な社員を多くする。組織のチームワークを整える。社員のモチベーションを上げる。社員のコミュニケーションを改善する。会社の雰囲気を明るくする。組織の風通しを良くする。労働災害を少なくしたい。など

選手の能力を最大限引き出すサポート(スポーツコミュニケーションアドバイザー&コーチ)
(チームワーク・リノベーションサポート)

   例えば・・

 本番で実力を発揮できるようにする。選手のケガを少なくしたい。考える選手を育てる。チャンスに強い選手にしたい。選手をもっと伸ばしたい。チームワークを高めたい。モチベーションを上げたい。などなど

個人向け組織向けにサービスを提供します。個別相談を承ります。

まずはメールでお問い合わせください。

人生や組織をリノベーションする。」

リノベーションして、笑顔になる。
あなたの人生や組織は暮らしやすいですか?
あなたの機能、価値は目減りしていませんか?
あなたの人生は築何年ですか?
組織の機能、価値は目減りしていませんか?

人生・組織の資産価値の変遷

人生や組織のリノベーションを請け負います。
住みやすく、暮らしやすい人生、組織をリノベーションしませんか?
人生はこれからです。
人生や組織を構築している主要なもの(部材)は「コミュニケーション」だと思います。
主要部材のコミュニケーションも経年劣化していきます。
「普通」とか「常識」とか「あたりまえ」とか曖昧な言葉。
増えていきます。
その状態を「コミュニケーションの経年劣化状態」といいます。
コミュニケーションが劣化すると、人生、組織そのものが劣化します。
そのうちに崩れ落ちていきます。
近くに人が住まなくなった家。ありませんか?

リノベーション概念図

僕はコミュニケーションをリフレッシュし、人生や組織をリノベーションする専門家です。
玄能(金槌)やのこぎり、鉋の代わりにコーチングスキルを使います。

あなたの人生や組織研ぎ澄まします。

※リノベーションとは:機能、価値の再生、さらには価値向上のための改修。その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修(出典:(一社)リノベーション協議会を一部修正)

『Move on.進め!』

動いている人に運はやってくる。

あなたの才能は眠っている。
そろそろ、目覚めてもいい時だ!
さあ、目をさまそう!

君はもう、夢を叶えてもいい時なんだ。
さあ、一緒に目指そう!